CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

牧歌の里

とある情報誌の読者プレゼントに当選して、「牧歌の里」の入場券が2枚手に入りましたので、有効期限が切れる前に急いで行ってきました

お花はあまり無い時期でしたが、子供連れの家族がたくさんみえていました

 

 

  2.jpg

 

 

ここに来るのはずいぶん久しぶりで、改めて広い敷地にびっくりしました

ロードトレインも走っていて、花畑や動物の小屋などゆっくりと園内を案内してもらえます

 

 

  9.jpg

 

 

チューリップの植え付けも終わり、春までは何も咲かない土だけの場所が多いなか、サンパチェンスの赤色が目を引きました

 

 

  11.jpg

 

 

よく見ると白やピンク、紫色のサンパチェンスもたくさんありました

綺麗に並んで虹のように植えられていました

 

 

  13.jpg

 

 

  素敵な教会もありました

 

 

  12.jpg

 

 

  教会の中はこんな感じです

  明るくて荘厳な雰囲気でした

 

 

  16.jpg

 

 

教会は少し小高い位置に建っていて、赤く色づいたコキアやケイトウも眺めることができました

 

 

  14.jpg

 

 

  15.jpg

 

 

こちらはベゴニアとコスモス

 

 

  17.jpg

 

 

広い牧草地には羊が放牧されていて、柵の中に入って触ったり、エサやりをしたり、一緒に写真を撮ったりできて、お子様連れには大人気でした

乗馬体験や、馬へのエサやり、乳しぼりなどの体験もあり楽しそうでした

 

 

  1.jpg

 

 

疲れたら焼き立てパンを買って食べることもできます

リース作りやハーバリウム作り体験もあり、こちらは女子に人気でした

 

 

  6.jpg

 

 

釣り堀では、釣ったニジマスを焼いて戴くこともでき、香ばしい焼き魚の香りが食欲をかきたてました

 

 

  10.jpg

 

 

園内には素敵な建物や植木、花が至る所にありました

 

 

  4.jpg

 

 

  7.jpg

 

 

  5.jpg

 

 

  8.jpg

 

 

遊具もあり、子供が飽きない場所がいっぱいでした

 

 

  3.jpg

 

 

久しぶりに行った牧歌の里は、時間がゆったりと過ぎる、のどかな里でした

 

 

 

 

 

| くらし | 23:22 | comments(0) | - | pookmark |
明日から10月・・・

あっという間に明日から10月です

すっかりブログ更新をさぼってしまいました(^_^;)

 

すみません(ペコリ)

家のオジギソウも謝っています

 

 

2.jpg

                    

 

3.jpg

 

 

 

さて、丸洗いキャンペーンも本日で終わり、おかげさまで多くのお客様にご利用いただきました

本当にありがとうございました

 

「今年はコロナの影響で、きものを着る機会が減ってしまって…1枚だけどお願いしますね!」

「この機会を待っていたんですよ」

「1年分まとめて持ってきました。よろしく!」

「1回着ただけだけど、丸洗いした方がいい?」

「ここの汚れ落ちるかしら?」

シミの具合を確かめたり、きものを着た時のお話を聞いたりして、楽しいやり取りができたのも充実していました

やっと少しづつ普段の生活が戻ってきたようにも感じました

 

以前と確実に違うのはマスクですね

皆さんの意識が向上してきましたので、ほとんどの方がマスク着用でご来店くださいます

それも最近はほとんどおしゃれな布マスクに変わってきました

冷感タイプの実用的なものからカラフルな柄マスク、レース使用の実用的かつ可愛い物、

マスクを通して会話も弾みます

 

マスク専門店も登場してきたようですし、いろいろなお店の片隅にもマスクコーナーをよく見かけます

マスクケースやマスクバンドもあります

洋服に合わせてマスクも着替える時代になってきたように感じます

ついつい私も可愛いマスクを買ってしまいました

 

 

4.jpg

 

 

 

さてさて、明日は中秋の名月、今年は栗きんとんをお供えしようと思い作ってみました

 

 

1.jpg

 

 

良いお天気に恵まれますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

| くらし | 21:44 | comments(0) | - | pookmark |
2020 丸洗いキャンペーン

お盆が過ぎても相変わらず暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

体調を崩していらっしゃらないと良いのですが・・・

 

さて、明日からもう9月

装いも夏着物から単衣の着物へと変わります

そんな衣替えの時期に合わせて恒例の、丸洗いキャンペーンを開催いたします


この機会に気になっていたお着物のクリーニングをしてみませんか?

・着物を着たけれど、それほど汚れが無いように感じる方
・短時間着ただけの方
・また着る機会がある着物をお持ちの方
・衿のファンデーション汚れだけが気になる方
・普段着だから、それほどお金をかけたくない方


そのような方に向けても、お着物の丸洗いを通常価格より格安にさせて頂くキャンペーンを企画いたしました

なお、この丸洗いキャンペーンの価格は、来年見直すことになりましたので、今回の価格が最安値となります

是非是非、この機会をお見逃しなく・・・


 

 

    「 丸洗いキャンペーン 」

  お預かり期間・・・9月1日〜9月30日  
 

  価格
   きもの・・・¥3,900 (通常価格¥6,500) 税別
   長襦袢・・・¥2,900 (通常価格¥4,500) 税別
   留 袖・・・¥4,800 (通常価格¥7,500) 税別
   振 袖・・・¥4,800 (通常価格¥7,500) 税別
   袋 帯・・・¥2,300 (通常価格¥4,500) 税別

 

※注1
単衣も袷衣も同価格です

羽織は着物と同価格です

 

 

※注2
丸洗い(京洗い)とは・・・着物のクリーニングです
着物や帯を揮発系溶剤で、仕立て上がったままの状態で洗います
特に汚れやすい衿、袖口、裾は下洗いした後、全体を洗います
油性のシミ(ファンデーション、口紅など)に効果的です
汗などの水溶性のものは取れないことが多いです

 

※注3
付いてから時間が経過した汚れや、変色したシミ等、丸洗いでは落とせない場合があります
その場合、別途シミ抜きが必要になります
汚れがひどい場合には、最初からシミ抜きをお勧めいたします

 

 

この機会に是非、お着物のお手入れをされてみてはいかがでしょうか?

ご来店を心よりお待ち申し上げます

また、ご自宅までお預かりにお伺いすることも可能です

お気軽にお声掛けください

 

連絡先:☎058-382-5205

 

 なお、9月の8の日講座は予定通り開催いたします

 講座内容は「半衿付け教室」です

 持ち物は長襦袢、半衿、糸と縫い針、待ち針です

 半衿が無い場合は弊店にて購入することも可能です

 糸は細めの(#60)ミシン糸でも構いません

 縫い針は「きぬえりしめ」などの薄地用の細い針が向くと思います

 待ち針は10本くらいあるといいですね

 換気、間隔、マスク着用、手指消毒などを心がけて実施する予定です

 皆さんも自己管理の上でのご参加をよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

| きもの | 19:44 | comments(0) | - | pookmark |
付知峡

うだるような暑さと毎日の自粛で少し疲れたので、お休みの日に岐阜県中津川市の付知峡に行ってみました

 

同じ県内だし、外での散策だし、峡谷なら涼しいし、マスク着用で気を付けて行けば良いかなーと思い、少し後ろめたさもありながらも、久しぶりのお出かけと初めての付知峡にウキウキしていました

 

到着してみると、なんと駐車場は満車で大賑わいでした

みんな考える事は同じなんですね

 

 

付知峡には「不動公園」という1周800mほどの遊歩道が整備されており、大自然の中を散策できるようになっていました

黒々とした岩が作り出す渓谷美、木々の隙間からこぼれる日の光、まさに癒しの空間でした

 

 

 10.jpg

 

 

不動滝、観音滝、仙樽滝という三つの滝も流れ落ち、変化にとんだ遊歩道がとても楽しかったです

 

 

   7.jpg

 

 

   1.jpg

 

 

   6.jpg

   

 

子供でも歩ける程度に足元も整備されていましたし、距離もそれほど無かったので気軽に散策を楽しめました

 

 

   5.jpg

 

 

途中、二つのつり橋がありましたが、一度に渡れる人数が3人まででしたので、そこが混雑していて並ばなければならないのが大変でした

 

 

   2.jpg

 

 

 3.jpg

 

 

   4.jpg

 

 

散策して最後にたどり着いた場所は、透明感のある浅い川辺で、多くの人たちが足をつけて涼んでみえました

 

 

 9.jpg

 

 

透き通った青の清流、木立の木洩れ日・・・皆さんにも少しでも涼が伝わったでしょうか?

 

 

   8.jpg

 

 

   

 

 

 

 

| くらし | 14:06 | comments(0) | - | pookmark |
駐車場のメンテナンス

お盆が過ぎても毎日暑いですね

皆さん体調を崩されてはいらっしゃらないでしょうか?

 

さて弊店ではお盆の前後から、駐車場のメンテナンスを始めました

 

 

   5.jpg

 

 

鉄骨部分のサビが目立ってきたので、サビ落としとペンキ塗りをすることにいたしました

 

半分外のような環境で、雨の吹込みもあるのでどうしてもサビが出てきます

サビがひどくなる前にやろうという事になりました

 

 

   6.jpg

    サビを落とした状態がこんな感じです

 

 

 

  10.jpg

   ペンキを塗るとこんな感じになりました

 

 

 

 

   2.jpg

 

                                    

 

   11.jpg

 

 

 

 

 1.jpg

 

             

 

 7.jpg

 

 

 

無事にお盆のお休みの間に塗り終えることができました

 

 

お盆明けにご来店の機会がございましたら、ちょっと駐車場の上を覗いてみてくださいね

 

少し明るくなった気がします

 

 

 

 

| くらし | 16:35 | comments(0) | - | pookmark |
8月の8の日講座はお休みします

長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番となりました

GO TOキャンペーンも実施される中、現実には自粛解除とはならない雰囲気です

むしろコロナの感染者数は全国的な拡大をみせ、岐阜県も第2波非常事態宣言が出されました

 

店舗の休業要請はないものの、自粛ムードの中、8の日講座を開催することにためらいもあり、また参加者も少ないことから8月の8の日講座は急遽中止とすることにいたしました

 

参加を表明していただいたお客様には個別にご連絡済ですが、改めて皆様に中止のご連絡をいたします

誠に申し訳ございません

9月以降の開催につきましてはコロナ感染の様子を見ながら追ってご連絡いたします

 

 2.jpg

 

   ▲去年の9月の8の日講座(半衿付け教室)の様子

 

 

早くコロナ感染の脅威が終息いたしますように・・・

 

終息、終わりというのは無理かもしれませんね

収束でしょうか?

取りあえず以前より収まることが目標でしょうね

ウィズコロナの気持ちで、明るくいきましょう

もちろん手洗い、うがい、マスクは生活の一部として続けましょう

 

可愛いマスクを見つけるとか、洋服とのコーディネートを考えるとか、不自由なマスクも自由に楽しめると良いですね

 

 

 

 

 

| 教室 | 17:10 | comments(0) | - | pookmark |
雨上がりにキノコ!?

今年の梅雨は長雨が続きます

あちらこちらで川の氾濫や、土砂崩れも起こり、もうそろそろ梅雨も明けてほしいところです

部屋もジメジメして和室の障子紙も湿気を含んでフニャフニャしてきました

 

ふと庭を見ると、見たこともないキノコが生えてきていました

 

  1.jpg

 

なんと綺麗な赤いキノコ!!

綺麗だけどきっと食べたらいけないキノコでしょうね

名前は全くわかりません

その近くには茶色いキノコも生えていました!

 

    2.jpg

 

  3.jpg

 

また違う場所には黒いキノコ!

 

  4.jpg

 

コケの中にはシメジのような可愛いキノコ!

 

  6.jpg

 

 

切株の縁からはサルノコシカケのような大きなキノコ?も成長していました

 

    8.jpg

 

 

探していたら見知らぬキノコがこんなにいっぱい見つかりました

これも長雨による湿気がキノコの生育にぴったりだからでしょうね

 

思わず食パンにカビというキノコ?菌?が生えていないか見てしまいました(大丈夫!生えていませんでした!)

 

皆さんも換気を良くしたり、エアコンの除湿機能を駆使したりして、気持ちの良い環境を心がけましょうね

そうしないと家のなかにまでキノコが生えてきますよ(笑)

 

 

キノコ探しをしていましたら、カタツムリも見つけました

 

  7.jpg

 

 

雨が似合いますね

 

でも早く梅雨明けしますように・・・

もう雨はたくさんです

 

 

 

| こぼれ話 | 23:32 | comments(0) | - | pookmark |
かざはやの里

6月の終わりに、ステイホームで運動をする機会が減った両親を久しぶりに外出に誘いました

 

梅雨の晴れ間に少しでも気分転換ができればよいなーと思い、花が咲いているところを探して行ってみました

 

以前、友達が行った話を思い出し、三重県の津市にある「かざはやの里」まで高速を使って飛ばしました

 

 

1時間半の車での移動は、お年寄りにはギリギリの範囲かとは思いましたが、初めて行く場所だったので思ったより喜んでくれたのでホッとしました

 

  6.jpg

 

駐車場からカートで送迎していただけましたし、車いすの貸し出しもあり、さすが「福祉環境融合した花園」というだけのことはあるな〜と感心しました

 

  5.jpg

 

福祉車両も園内をゆっくりと走っており、道も階段ではなくスローブになっていたので、お年寄りには優しい場所でした

 

  4.jpg

 

園内には75,000株のアジサイが咲き乱れていました

 

  17.jpg

 

  13.jpg

 

  11.jpg

 

  12.jpg

 

 

青色や紫色のアジサイは少し盛りを過ぎていましたが、白い大輪のアジサイは今ちょうど見ごろで美しかったです

 

  9.jpg

 

  10.jpg

 

 

少し小高い所まで登ると、波を描いたような見事なアジサイの全体像が見られ、風も爽やかに吹き抜けてとても気持ちが良かったです

 

  14.jpg

 

  15.jpg

 

近くにある池には昔カッパが住んでいたと言われていて、「かっぱのふるさと」とされています

 

 

  1.jpg

 

  3.jpg

 

  手水鉢にもアジサイが活けてあり、とても風流でした

 

  2.jpg

 

2月中旬には梅、4月下旬には藤も見ることができるようで、春はどの時期に来ても花がいっぱいのようです

アジサイももう1週間早く来るとさらに良かったことでしょう

 

梅雨の晴れ間にホッと一息できた良いひとときでした

 

皆さんもステイホームで疲れたら、近場でゆっくりしてくださいね!

 

 

 

| くらし | 16:08 | comments(0) | - | pookmark |
桔梗塚と道三塚

「麒麟がくる」のゆかりの地を巡るコースの第2弾!

明智光秀の墓と斎藤道三の墓をめぐりました

 

 

   3.jpg

 

 

明智光秀の墓は、山県市中洞地区の白山神社に隣接する林の中にあります

明智家の家紋が桔梗であることから「桔梗塚」と呼ばれています

 

 

   8.jpg

 

 

帰蝶役の川口春奈さんがこの地を訪れ絵馬を奉納したこともあり、この墓を訪れる観光客が増えていました

 

 

   9.jpg

 

 

白山神社の境内には、光秀の母が産湯の水を汲んだ井戸跡も残されていました

思ったより大きな墓ではなく、ひっそりと片隅にある墓の姿は、光秀の最後や影武者伝説のせいかもしれませんね

  

 

    4.jpg

  

 

実際、明智光秀公供養祭が、この地区の荒深姓一族によって400年もの間続けられていることからも、影武者伝説も真実味があります

 

大河ドラマで、山崎の合戦での光秀の最後がどのように描かれるかが今からとても楽しみです

 

 

さて、次に道三塚に向かいました

 

 

     5.jpg

 

 

私は短大も職場も、この道三塚の近くでしたが、今日までこの塚の存在を知りませんでした

探してやっと見つけた道三塚は民家の建ち並ぶ一角にあり、思いのほか小さいものでした

 

 

    7.jpg  

 

 

長良川の戦いで息子斎藤義龍に討ち死にした道三を祀った塚は、洪水で度々流され、常在寺(斎藤家の菩提寺)の日椿上人の手で、この地に移され今日に至っているようです

 

 

   6.jpg

 

 

近くには血天井で有名な崇福寺(信長の墓のある寺)や岐阜信長神社、円徳寺、立政寺などの有名な寺社もあり、まだまだ巡りたい場所がいっぱいです

 

戦国時代の三英傑がこの岐阜や愛知の地で大きな歴史の流れを作ったと思うと、他人事のようには思えませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 09:15 | comments(0) | - | pookmark |
明智光秀ゆかりの地めぐり

NHKの大河ドラマの「麒麟がくる」にゆかりのある岐阜

知っているつもりの岐阜の事も、実は全く知らないことばかりで、少しその時代の歴史の舞台を巡ってみたくなりました

 

鷹をこよなく愛する土岐氏最後の守護、土岐頼芸の住んだ大桑城

マムシと呼ばれる斎藤道三と土岐頼芸の戦いの場となった大桑城

わが子斎藤義龍との戦いに際して斎藤道三が鷺山城から移った大桑城

 

このドラマで初めて知った大桑城(おおがじょう)が気になってしまい、先日行ってきました

 

大桑城は古城山という山の頂上にあり、途中までは車で行き、登山口より30分ほどかかって登りました

 

思ったより起伏があり、車の無い時代には山裾から90分ほど歩かないといけなかったようなので、昔の人は健脚だなーと感心しました

 

  6.jpg

 

このコースは遠足などでも利用するのか、途中、いろいろなクイズの札があちこちに掛けてありました

それを解きながら進むのも面白かったです

 

  3.jpg

 

紫色の花も見ごろで、鳥の声も優しく、木洩れ日もあって暑すぎず、楽しいハイキングコースといった感じです

 

 

  2.jpg

 

途中、曲輪や石垣の跡や切り井戸なども見られ、まさに山城として使用されていたことのわかる遺構があちらこちらに残っている事からも、歴史を強く感じました

 

  8.jpg

 

  7.jpg

 

  10.jpg

 

  11.jpg

 

  12.jpg

 

  13.jpg

 

  1.jpg

 

 

頂上には昭和63年に建てられた高さ約3mの模擬天守閣があったのは少し面白かったですが、眼下には遠く金華山も眺めることができ、当時の土岐氏の権力の強さを感じることができました

(なんと古城山にある大桑城は金華山にある岐阜城より高い所に建っていました!)

 

  14.jpg

 

 

登山を終えて駐車場に着いたところで、地元のガイドさんの話を少し聞きました

 

山のふもとには椿野という地名があるそうで、そこが斎藤道三と土岐頼芸の戦った場所で多くの人々が亡くなったようです

何万もの首が落ちていたことから、花が終わるとポロリと落ちる椿になぞらえて「椿野」と言われるようになったそうです

この地は今でも忌まわしい印象から人々が住まないため、公共の福祉施設等にしか利用されないそうです

 

地名からも歴史を感じるものだと思いました

でもとても悲しい歴史ですね

近くには六万墓の石碑が建っているようです

六万という数は定かではないようですが、それほどたくさんの人々を巻き込む合戦がこの地で行われたことを物語っています

 

 

 

帰りに土岐氏の菩提寺である南泉寺にも寄りました

あいにくお寺の中には入れませんでしたので、土岐頼芸の描いたと言われる鷹の画は見ることはかないませんでしたが、立派な建物と山門が印象的でした

没落したとは言え、さすが清和源氏の流れをくむ武士の一族、土岐氏の菩提寺ですね

 

  4.jpg

 

  5.jpg

 

 

 

 

 

 

| - | 10:54 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/28PAGES | >>