CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

終わりに近づいた紅葉

12月1日(土)に湖東三山の一つの西明寺というお寺に出かけました

 

運が良ければ紅葉がまだ楽しめるのではないかと思い向かいました

 

結果はこの通り!

曇りがちな天気ではありましたが、赤、黄、緑の木々の葉の色が混在していてまだまだ見事な紅葉でした

 

10.jpg

 

    2.jpg

 

    3.jpg

 

境内には天然記念物の不断桜が咲いていて春と秋が一緒になったような景色が楽しめました

 

4.jpg

 

とても小さく可憐な桜でした

 

5.jpg

 

本堂は鎌倉時代の代表的な建造物で国宝第一号に指定された歴史的な建物でした

 

5.jpg

 

三重塔も総桧造りの優美な姿の国宝でした

 

6.jpg

 

鐘楼の鐘の音も心に響きました

 

    7.jpg

 

蓬莱庭という名の庭園も、池と共に鮮やかな緑の苔がすばらしいものでした

 

3.jpg

 

2.jpg

 

4.jpg

 

階段も多く、二天門から登るのはとても大変ですが、ゆっくり散策するのはおすすめです

 

    1.jpg

 

湖東三山には西明寺のほかに金剛輪寺と百濟寺もあり、ともに紅葉で名高いようです

次回ゆっくりと残りの2寺もお参りしたいと思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

| くらし | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
七五三のお祝い - 初着 直し

11月15日は七五三のお祝いの日でした

もう済んでしまったのですが、少し七五三について触れたいと思います

 

 

   1.jpg

 

 

七五三とは、七歳、五歳、三歳の子どもの成長を祝う行事であり、神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭です

男の子は三歳と五歳(地方によっては五歳のみ)、女の子は三歳と七歳にお参りするのが一般的です

かつては数え年で行うものでしたが、現在では満年齢で行う家庭も多く、特に決まりはありません

 

 

   4.jpg

 

 

また最近は前撮りといって、9月あたりから七五三の撮影をされる方もいらっしゃいます

 

写真館で着物をレンタルしてヘアメイク、着付けをし、写真を撮ってそのままお参りもできるというセットが多いようです

写真だけ撮って、お参りは後日、別のお着物でお出かけできるプランもあるようです

 

 

  3.jpg

 

 

そんなレンタル着物が増えた中でも、お手持ちの初着に手を加えて三歳の祝い着として利用される方もまだまだいらっしゃいます

 

初着は生後1か月くらいのお宮参りに使うものですが、女児の3歳や男児の5歳の七五三用祝い着に直して使うことができます

 

そのための工程をここではお知らせいたします

 

 

1、まず つけ袖を外して袖に丸みをつけます

 

初着には、男の子には水色、女の子には赤色の「つけ袖」がついています。さらに、袖の綴じもなく四角いままです

 

  

  5.jpg

 

 

そこで つけ袖を外して袖を綴じて丸みをつけます

 

 

  6.jpg

  

 

2、肩上げをします

お子様の成長に合わせて裄丈(首から腕のくるぶしまでの長さ)を調整します

長い分を肩幅のまん中あたりでつまんで縫います

 

 

  9.jpg

 

 

3、腰上げをします

お子様の身長に合わせて着物の身丈(首から足のくるぶしまでの長さ)を調整します

長い分を腰のあたりでつまんで縫います

帯下あたりに上げ山が来るようにするとバランスが良いです

 

 

  7.jpg

 

 

4、紐の付け替えをします

着物と長襦袢の飾り紐(つけ紐)は初着の時には高い位置に縫い付けてあります

そこで、紐を外して3僂曚媛爾硫媾蠅頬イつ召靴鬚垢襪斑紊笋垢なります

 

 

  11.jpg

 

 

5、半衿をつけます

女の子のお着物の場合には、長襦袢に半衿をつけます

赤やピンクの地色に刺しゅう入りの半衿が可愛らしくて良いと思います

 

 

  12.jpg

 

 

以上の工程を経て、初着が七五三用の祝い着となります

 

 

三歳の女の子は縫い上げした着物に小さめの帯をすることもありますが、小さなお子さんには負担が大きいので「被布」を羽織ることも良いと思います

 

五歳の男の子は、たとえ初着のサイズがお子様にピッタリという場合でも、「これからもっと大きくなるように」という願いを込めて、ほんの少しでも肩上げ、腰上げはしておきましょう

 

七歳の女の子には初着は小さすぎて着ることは難しいと思われます

四つ身の着物に帯をすることが多いです

四つ身はすでに袖が丸めてありますので、肩と腰の上げと半衿付けをすればよいです。

 

 

  8.jpg 

 

 

ちなみに上の写真は四つ身を三歳の祝い着になおしたものです

袖も長いので、上げをしてあります

この四つ身1枚で三歳も七歳も着ることができます

大は小を兼ねるですね

 

 

 10.jpg

 

 

七五三のお参りの日を迎える前に、お子様にお着物を羽織らせてみて早めにご準備することが大事ですね

 

 

 2.jpg

 

 

弊店でも縫い上げ、袖丸めを承っております。

お気軽にお声掛けくださいね

 

 

 

 

 

| くらし | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
富岡製糸場

先日、世界遺産の富岡製糸場に行ってきました

 

1.jpg

 

着物には欠かせない生糸生産の流れがよくわかる資料館として興味があり、一度行ってみたいと思っていたのです

明治5年(西暦1872年)からなんと115年間操業し続けた製糸場であり、それが今なお昔の面影そのままに現存することが素晴らしいと思いました

 

2.jpg

 

 

最初に女工さんの仕事の糸繰の実演を見ました

 

5.jpg

 

繭の糸の細さはなんと0,02弌長さは1,300〜1,500mとの事!

 

3.jpg

 

すごく細い繭の糸5本を撚って1本の均一の糸にしていました

繭の糸が無くなりかかると次の繭の始まりを見つけ上手に絡めてつなげていく様子がマジックのようでした

 

6.jpg

 

蚕の種類により、黄金の繭や緑がかった繭、白い繭から黄みを帯びた繭までいろいろありました

大きさもマチマチで、雄と雌が一つの繭に入った玉繭というものもありました

 

7.jpg

 

 

さて次に向かったのは東置き繭所という乾燥させた繭を貯蔵する倉庫です

木材で骨組みを造り、壁にレンガを用いた和洋折衷のモダンな建物です

長さ104,4mもあるのに現在までゆがみもなく昔の姿をとどめていることに深く感動しました

 

11.jpg

 

中はすっきりした倉庫で、窓が両側にたくさんついていて、繭の乾燥にはちょうど良い構造となっていました

 

8.jpg

 

10.jpg

 

この104,4mの倉庫全てに繭が入っていたことを想像すると信じられないほどの量です

その繭を毎日毎日糸繰していたかと思うと、根気のいることだなーと感じました

 

9.jpg

 

 

次に見たのは繰糸場です

 

12.jpg

 

当初は、フランスから300釜の繰糸器が設置され、世界最大規模の製糸工場だったそうです

現在は昭和41年以降に設置された自動繰糸機が保存されているようです

 

14.jpg

 

15.jpg

 

16.jpg

 

建物内部には柱のない「トラス構造」という建築工法を用い広い空間が保たれていました

さらに採光のため多くのガラス窓や、屋根の上に蒸気抜きの超屋根が取り付けられていました

 

13.jpg

 

置繭所よりも長い140,4mの長い建物いっぱいの繰糸器が並んだ様子は圧巻だったことでしょう

 

 

製糸場で働く人々のために診療所や病室も完備されていました

 

17.jpg

 

 

指導者であるフランスのブリュナ氏の住居は高床で回廊風のベランダをもつ解放感あふれる造りになっていました

 

18.jpg

 

 

 

富岡製糸場を見学した後、碓氷峠のめがね橋を見に行きました

この碓氷第三橋梁は、明治25年に完成しアプト式鉄道として富岡製糸場の生糸の運搬に欠かせなかったようです

 

19.jpg

 

昭和38年に新線開通に伴い廃線となり現在は遊歩道「アプトの道」として歩く事が出来るようです

 

20.jpg

 

 

 

多くの人々の力で蚕から繭、繭から生糸、その生糸が各地に運ばれ、生地に織られ、染められ着物になる、

長い工程と人の手、時間をかけて私たちの手元までたどり着くのだと改めて感じる旅となりました

 

 

 

 

 

 

| くらし | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さい秋み〜つけた!

先日の台風の後、一気に夏が通り過ぎて行った気がいたします

 

あちらこちらに秋の気配が感じられるこの頃となりました

 

  彼岸花 (新加納善休寺入口)

 

10.jpg

 

      4.jpg

 

  

  栗の実(自宅)

 

11.jpg

 

      1.jpg

 

 

  にらの花(自宅の畑)

 

8.jpg

 

7.jpg

 

 

  萩の花(可児花フェスタ記念公園)

 

      14.jpg

 

 

  タマスダレ(自宅の塀のふち)

 

5.jpg

 

   6.jpg

 

 

  お月見のあしらい(可児花フェスタ記念公園)

 

       7.jpg

 

 

  抹茶と和菓子 (可児花フェスタ記念公園)

 

6.jpg

 

 ススキと月をあしらったのが素敵!

 

5.jpg

 

 

  抹茶スイーツ(あべまき茶屋)

 

3.jpg

 

4.jpg

 

 

  サンマ (自宅)

 

      12.jpg

 

 我が家自慢のサンマの藁焼き!!

 今年初めてのサンマです!

 

2.jpg

 

里芋の葉っぱに乗せて大根おろしでいただきます!

 

1.jpg

 

 

 

あちらこちらに秋をみつけて、何だかほっこりしています

皆さんの周りにも小さな秋をみつけてくださいね

 

 

 

 

 

 

| くらし | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アジサイのお寺 三室戸寺

梅雨の晴れ間を利用して、京都の宇治までアジサイの花を見に行ってきました

 

    14.jpg

  

  21.jpg

 

三室戸寺は、西国観音ん霊場十番札所で、本山修験宗の別格本山、ご本尊は千手観音です

 

  10.jpg  

 

     9.jpg

 

入口には源氏物語 宇治十帖の描かれた半紙の巻かれた明かりが並んでいて、夜も楽しめるようになっていました

 

     1.jpg

 

お寺の立派な赤い山門をくぐるとなだらかな坂道に沿ってアジサイが咲き誇っていました

 

 

     2.jpg

 

   4.jpg

 

中には赤い珍しい色のアジサイもあり、色、形とも楽しめるアジサイばかりでした

 

   17.jpg

 

   19.jpg

 

   18.jpg

 

花の形がハートの物を探そうとする若い方がいっぱいいらっしゃいました

 

   15.jpg

 

アジア系の外人さんも多く、大型観光バスでの参拝客や、お遍路さんの白装束を着た団体さんも見かけられました

 

お寺の境内には石でできた動物がたくさん設置されていて、それぞれに触るといろいろご利益があるようでした

 

   6.jpg

 

こちらの牛の口の中の玉を触ると勝ち運がつくというものでした

そばには、若乃花と貴乃花の手形もなぜか置いてありました

 

   5.jpg

 

ウサギの抱える玉の中にも卵型の石が入っており、その卵をうまく立てると福が来るようです

しっかり立ててきました!

 

     7.jpg

     

こちらは宇賀神といい、耳を触れば福が来て、髭を撫でると健康長寿となり、尻尾を触ると金運がつくというものだそうです

頭はお爺さんで体は蛇という何とも不思議な像でした

でもいっぱい触ってきたのでご利益をいただけたかな〜?

   

    11.jpg

 

アジサイ寺と言われるだけあってなんと50品種1万株ものあじさいがあるそうです

坂道伝いに高低差を利用して色とりどりのアジサイが植えられており、とても美しかったです

観光バスで見に来られる方々が多いのもうなづけます

 

    12.jpg  

    

 

蓮の花も咲き始めており、まだしばらくは花を楽しめる場所ですね

最近見た中では一番のおすすめスポットです

 

 

    8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| くらし | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MRJミュージアム

先日、国産飛行機のMRJのミュージアムに行ってきました

 

 

 2.jpg

 

 

我が家の男性陣は飛行機大好きなんです

 

自衛隊の岐阜基地も近くにあり、常に飛行機の騒音とともに生活しているような毎日なのですが、変わった飛行機が訓練飛行していたらすぐに外に飛び出して眺めるような大好き人間です

 

年老いて出かけるのが億劫になりつつある88歳の父もMRJ見学は楽しみにしてくれました

 

 

 1.jpg

 

 

個人の見学は当日申し込みではなく事前にインターネットで申し込みします

これが意外に面倒で、参加者1人ひとりの名前や生年月日まで記入し、当日もそれを証明する免許証等を提示しなくてはならないのです

 

MRJミュージアム見学のみだと一人1,000円で予約時に前払い、見学の30分~15分前に集合していないとシャトルバスに乗れなくなり、見学もできなくなるという固い決まりもあります

 

見学中はスマホや携帯は持ち込めず、写真撮影は禁止、見学もコースに沿ってきちんと時間どうりに回らなくてはなりません

 

結構締め付けがきついなーという印象でしたが、説明を聞いていくうちに何より安全第一の現場では見学者の情報確認、不要物の持ち込み禁止もうなずけるものでした

 

このミュージアムは流暢なアテンダントの案内に従って行くだけでMRJが全部わかるようにできています

 

 

最初は大型スクリーンでMRJの開発から初飛行までのストーリーをみることができます

 

 

     3.jpg

 

 

次に実物大の機首にはフライトデッキとキャビンが設置されており、実際にシートに座ってMRJの座席の広さ、座り心地の良さ、内部のデザインの日本らしさ、実用的な部分などを体感できました

 

 

    4.jpg

 

 

実物大の主翼とジェットエンジンのカットモデルの展示もあり、MRJ独自の工夫がよくわかりました

1人一つずつタブレットを持ち360度ムービーで製造現場を見ることもできます

 

 

  6.jpg

 

 

MRJに使用されている本物のパーツの展示もありましたが、その多くが海外製品だったのには驚き、ちょっとガッカリもしました

それでも100万点にも上る部品や材料が運搬、加工される最終組み立て工場である三菱重工業株式会社、

この先順調に進んで早く安全に飛ぶ日を待ちたいと思いました

 

 

7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

| くらし | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
茶摘み

♪夏も近づく八十八夜♪

新茶の初摘みの季節になりました

八十八夜は立春から数えて八十八日目の事を言うようです

今年は5月2日がそれに当たるそうです

 

さて地元の稲羽東小学校では、5月8日に茶摘みが行われました

この茶摘みはなんと昭和16年頃からずっと引き継がれてきた各務原市内でも類を見ない体験学習だそうです

 

今回、小学校6年生の女児に茶摘み娘の衣装を着せて行事を盛り上げようという学校の意向で弊店に衣装の準備の依頼がありました

 

そのご縁で衣装の着付けのお世話もお願いされ、早朝より学校に出向きました

6年生全員分の衣装は予算的に準備ができないので選ばれた6人のみが茶摘み娘の衣装を着ることになりました

 

ご父兄の方のお手伝いもいただいて、何とか着ることができました

 

  1.jpg

 

絣の着物に茜たすき、黄色の帯、赤い前掛け、浅葱色の手甲と脚絆、豆絞りの手ぬぐいがなんともかわいい茶摘み娘ができあがりました

 

     2.jpg

 

お茶の木は、学校の周りを囲むように植えられており、まるで低い垣根のようでした

でも少し空いている部分もあり、昔に比べると木が弱り少なくなっているとの事でした

 

  12.jpg  

全校児童で摘むにはお茶の木が少ないので、近所のお宅に植えられているお茶の木も摘ませていただいているそうで、まさに校区が一体となって茶摘みを盛り上げている感じが致しました

 

  11.jpg

 

近隣の方や保護者の方など児童以外の方々も参加されてアットホームな雰囲気での茶摘みでした

 

  17.jpg

 

高学年の児童が低学年の児童に新茶の摘み取り方を教えている姿もとても微笑ましいものでした

 

     18.jpg

 

茶摘み衣装を身に着けた6年生は照れくさそうでもあり、嬉しそうでもありました

 

     3.jpg

 

雨上がりで蒸すような暑さだったので、実際は汗だくだったと思います

 

  15.jpg

 

でもカメラマンに囲まれたり、テレビの取材も行われ、楽しみながらも一心に頑張っていました

 

  14.jpg

 

摘み取った茶葉は、40kg以上ないと業者さんが製茶してくださらないそうです

 

  10.jpg

 

持っているビニール袋いっぱい摘んでも250gにしかならないようで、全校で40kgにするのは大変です

 

  13.jpg

 

みんな、40kgめざして、もうひとふんばり!!

 

  16.jpg

 

 

さわやかな新緑の茶摘みの行事に関わり、地域の人々とともにあるこの伝統が長く続いていることに納得し、これがますます広がっていくといいなーと思いました

 

 

 

 

 

 

| くらし | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春の味覚  タケノコ

柔らかくて風味のあるタケノコの季節がやってきました

毎年掘りに行く竹藪にも、ニョキニョキとタケノコが顔を出しています

 

    2.jpg

 

あまり大きく伸びてしまったタケノコは硬いので、掘らずに倒してしまいます

そして少しだけ顔を出したものを取るようにします

 

    1.jpg

 

草の中から少し頭を出したタケノコを見つけました

 

    3.jpg

 

タケノコを傷つけないよう周りの土を掘り起こします

 

    4.jpg

 

できるだけ根に近いところめがけて一振りで掘り起こします

 

    6.jpg

 

うまく掘れました!やったー!

この繰り返しでなんとこんなにいっぱい取れました〜!

 

    7.jpg

 

掘りたてをすぐに茹でるのが一番おいしくする方法のようです

時間を置くとエグミが強くなるそうです

 

  9.jpg

 

根に近い部分と穂先を切り落として大きいタケノコは縦半分に切って皮付きのまま茹でます

 

  8.jpg

 

米ぬかと唐辛子を入れて30分くらい茹でます

箸がささるようになったら、火を止めてそのまま冷めるまで置いておきます

冷めたら皮をむいて水に一晩さらしたら出来上がりです

 

たくさん茹でて皆さんにもおすそ分けします

明日は早速、タケノコご飯と若竹汁にしましょう

 

 

 

 

 

 

 

    

| くらし | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桜ひらひら

急に暖かくなり、桜があちらこちらで一斉に咲き誇りました

 

 

 1.jpg

 

   7.jpg

 

 

そして満開になった翌日にはもう散り始めました

なんとはかない命でしょう

風に乗ってひらひら舞う様子はまさに雪のようでとても綺麗です

 

 

   9.jpg

 

 

さて隣の中学の桜の花びらも風に乗って我が家まで飛んできます

それがとんでもなくたくさんで、散り終わるまで毎日掃除しなくてはならないのがこの時期のお決まりです

 

   4.jpg

 

散って地面にじゅうたんのように落ちている様は、しばらくはとても風流なのですが、じきに茶色くなりゴミと化します

 

   2.jpg

 

昨日も塵取りにいっぱいになりました

 

   5.jpg

 

 

大変ですがこれもまた季節の行事と楽しんでいます

 

 

桜のみならず春は可愛い花がいっぱい!!

 

   10.jpg

 

   12.jpg

 

   20.jpg

 

   21.jpg

 

   22.jpg

 

   23.jpg

 

   25.jpg

 

   26.jpg

 

 

もうしばらく春を楽しみたいですね💛

| くらし | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いぬ神社

先日、今年の干支の犬年にちなんで名古屋市西区稲生町にある伊奴(いぬ)神社に行ってみました

 

      1.jpg

 

      2.jpg

 

境内には神社の名前となっている犬の石像がありました

 

              9.jpg

 

       3.jpg

 

ご祭神の一人の伊奴姫神は安産、子授け、子供の生育にご神徳があるということで、妊婦さんや若いご夫婦、宮参りの方々もいらっしゃいました

 

             10.jpg

 

日曜ということもあり、意外に混んでいました

       

      4.jpg

 

近くには大杉社というご神木もありました

ご神木には、その昔天狗がすんでおり「大杉を撫でると大変ご霊験あらたかである」と言い伝えられているそうです

実際、ご神木の裏に回り、大杉をさすりながら熱心にお祈りしていらっしゃる女性の方もみえました

 

          1.jpg

 

 

また同じ境内に玉主稲荷社もあり、私たちは商売繁盛を祈ってお参りいたしました

 

           6.jpg

 

稲荷社の中には「おもかる石」もありそのピカピカ光る石に皆さんの思いが映し出されているように感じました

 

            5.jpg

 

カラフルな色のおみくじもたくさん結いつけられ、、華やかに彩られていました

 

            7.jpg

 

同じ境内の中に白龍社という神社もあり、樹齢800年の椎(しい)の木に潜む白蛇のご加護で金運招来のご神徳もあるようでした

さらに三社(春日社・天神社・日枝社)もあり、一つの神社でたくさんのお参りが一度にできるお得な伊奴神社でした

 

            8.jpg

 

帰りに車の交通安全のステッカーを買って帰りました

 

      11.jpg

 

後になって、犬がついたかわいいお守りにすればよかったかなー なんて・・・

 

 

 

 

 

 

 

| くらし | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/9PAGES | >>