CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

<< 風呂敷の使い方教室 | main |
風呂敷の使い方教室を終えて・・・

中秋の名月に合わせて堤防や田んぼのあぜ道でススキと萩を取ってきてお店の玄関や室内に活けました

 

          1.jpg

 

風呂敷教室に来てくださった皆さんからも

「きれい〜」

「季節感かあっていいものですね〜」

と声をかけていただけてとてもうれしかったです

 

さて教室当日は欠席者がお二人いらっしゃいましたが、それでも13人という大勢のお客様のご参加をいただきまして本当にありがたかったです

     

まず基本の真結びと一つ結びを確認しました

真結びはしっかりと結べる上に、ほどく時も簡単なんです。

 

 

   4.jpg

 

基本の結び方をふまえて、まずビンの包み方をやりました

ワインのビンでしたら90儖未良呂敷が良いです

 

             33.jpg

 

             7.jpg

 

この日のためにワインをいっぱい飲んで空ビンを15本作ったので(冗談です⁉) 一人ずつビン包みを経験できました

 

    5.jpg

 

 

その次にティッシュボックスカバーの作り方をやりました

こちらは45僉50僂両さめの風呂敷がやりやすいです

角を丁寧に折り込むと仕上がりが綺麗です

 

    32.jpg

 

     11.jpg

 

 

二人ペアになってお互いに協力しながら仲良くやっていただけました

 

 

     9.jpg

 

     12.jpg

 

 

              8.jpg

 

そして次には丸い物を包むやり方をやりました

「ワ〜、簡単だ」

という声が出るほどアッという間に包めてしまいます

 

             34.jpg

 

 

ボールが少ししか無かったので3〜4人で交代でやっていただきました

 

 

     13.jpg

 

       

今度は持ち運びのできるバッグ、1本の持ち手のお出かけバッグを作りました

90儖未両し大きめの風呂敷が向きます

 

 

             35.jpg

 

 

     14.jpg

 

     15.jpg

 

 

最後に持ち手が2本のトートバッグを作りました

運ぶ荷物の大きさによって違いますが105儖未梁腓めの風呂敷が良いでしょう

 

 

          36.jpg

 

 

     18.jpg

 

  

このバッグは真結びをする位置を変えるだけで2種類のバッグになります

 

 

     17.jpg

 

 

今回は包む方法として、ビン、ティッシュ、ボールの3種

運ぶ方法として1本手と2本手のバッグの2種

合わせて5種類の風呂敷の使い方をやりました

 

     10.jpg

 

終わってみると十分にお伝え出来なかった部分がいっぱいあって反省するところばかりでした

 

     16.jpg

 

でも皆さんがお隣同士、教えあい、助け合いしていただけたので無事に終えることができました

 

本当にご協力ありがとうございました

 

ティータイムの際には話が盛り上がって初めての方ともにぎやかに談笑する姿がここかしこに見られてほほえましかったです

 

 

     6.jpg

 

 

また、お着物を着て参加くださった方もいらっしゃって、場が華やぎました

 

弊店でお誂えいただいた八寸名古屋帯でおしゃれに装っていらっしゃいました

色半衿と柄足袋ソックスで遊び心を添えていらっしゃいます

バッグもかわいい!

 

   2.jpg    3.jpg

 

 

弊店で染めた結び紬のお着物に、弊店でお求めいただいた半巾帯で軽快な装いの方です

「せっかく染めたのでいわしょうさんに見てもらおうと思って・・・」

と嬉しいお言葉でした

 

    19.jpg    20.jpg

 

 

弊店で誂えた紬と博多八寸名古屋帯でしっとりと落ち着いた装いとなりました

博多帯は単衣の薄色の小紋に合わせてお誂えいただいたのですが、濃い色の紬にもぴったりと似合っていました

「一つの帯でいろいろな着物に合わせることができて重宝しています」

とまたまた嬉しいお言葉です

 

 

    21.jpg    22.jpg

 

今回の教室の体験を生かして、また次回の催事につなげていきたいと感じました

今後も機会がございましたら、是非ご参加くださいませ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教室 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iwasyou.jp/trackback/248
トラックバック