CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

<< 茶摘み | main | 2018 七夕 ワンコインゆかた教室 >>
MRJミュージアム

先日、国産飛行機のMRJのミュージアムに行ってきました

 

 

 2.jpg

 

 

我が家の男性陣は飛行機大好きなんです

 

自衛隊の岐阜基地も近くにあり、常に飛行機の騒音とともに生活しているような毎日なのですが、変わった飛行機が訓練飛行していたらすぐに外に飛び出して眺めるような大好き人間です

 

年老いて出かけるのが億劫になりつつある88歳の父もMRJ見学は楽しみにしてくれました

 

 

 1.jpg

 

 

個人の見学は当日申し込みではなく事前にインターネットで申し込みします

これが意外に面倒で、参加者1人ひとりの名前や生年月日まで記入し、当日もそれを証明する免許証等を提示しなくてはならないのです

 

MRJミュージアム見学のみだと一人1,000円で予約時に前払い、見学の30分~15分前に集合していないとシャトルバスに乗れなくなり、見学もできなくなるという固い決まりもあります

 

見学中はスマホや携帯は持ち込めず、写真撮影は禁止、見学もコースに沿ってきちんと時間どうりに回らなくてはなりません

 

結構締め付けがきついなーという印象でしたが、説明を聞いていくうちに何より安全第一の現場では見学者の情報確認、不要物の持ち込み禁止もうなずけるものでした

 

このミュージアムは流暢なアテンダントの案内に従って行くだけでMRJが全部わかるようにできています

 

 

最初は大型スクリーンでMRJの開発から初飛行までのストーリーをみることができます

 

 

     3.jpg

 

 

次に実物大の機首にはフライトデッキとキャビンが設置されており、実際にシートに座ってMRJの座席の広さ、座り心地の良さ、内部のデザインの日本らしさ、実用的な部分などを体感できました

 

 

    4.jpg

 

 

実物大の主翼とジェットエンジンのカットモデルの展示もあり、MRJ独自の工夫がよくわかりました

1人一つずつタブレットを持ち360度ムービーで製造現場を見ることもできます

 

 

  6.jpg

 

 

MRJに使用されている本物のパーツの展示もありましたが、その多くが海外製品だったのには驚き、ちょっとガッカリもしました

それでも100万点にも上る部品や材料が運搬、加工される最終組み立て工場である三菱重工業株式会社、

この先順調に進んで早く安全に飛ぶ日を待ちたいと思いました

 

 

7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

| くらし | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iwasyou.jp/trackback/261
トラックバック