CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

<< 富岡製糸場 | main | 終わりに近づいた紅葉 >>
七五三のお祝い - 初着 直し

11月15日は七五三のお祝いの日でした

もう済んでしまったのですが、少し七五三について触れたいと思います

 

 

   1.jpg

 

 

七五三とは、七歳、五歳、三歳の子どもの成長を祝う行事であり、神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭です

男の子は三歳と五歳(地方によっては五歳のみ)、女の子は三歳と七歳にお参りするのが一般的です

かつては数え年で行うものでしたが、現在では満年齢で行う家庭も多く、特に決まりはありません

 

 

   4.jpg

 

 

また最近は前撮りといって、9月あたりから七五三の撮影をされる方もいらっしゃいます

 

写真館で着物をレンタルしてヘアメイク、着付けをし、写真を撮ってそのままお参りもできるというセットが多いようです

写真だけ撮って、お参りは後日、別のお着物でお出かけできるプランもあるようです

 

 

  3.jpg

 

 

そんなレンタル着物が増えた中でも、お手持ちの初着に手を加えて三歳の祝い着として利用される方もまだまだいらっしゃいます

 

初着は生後1か月くらいのお宮参りに使うものですが、女児の3歳や男児の5歳の七五三用祝い着に直して使うことができます

 

そのための工程をここではお知らせいたします

 

 

1、まず つけ袖を外して袖に丸みをつけます

 

初着には、男の子には水色、女の子には赤色の「つけ袖」がついています。さらに、袖の綴じもなく四角いままです

 

  

  5.jpg

 

 

そこで つけ袖を外して袖を綴じて丸みをつけます

 

 

  6.jpg

  

 

2、肩上げをします

お子様の成長に合わせて裄丈(首から腕のくるぶしまでの長さ)を調整します

長い分を肩幅のまん中あたりでつまんで縫います

 

 

  9.jpg

 

 

3、腰上げをします

お子様の身長に合わせて着物の身丈(首から足のくるぶしまでの長さ)を調整します

長い分を腰のあたりでつまんで縫います

帯下あたりに上げ山が来るようにするとバランスが良いです

 

 

  7.jpg

 

 

4、紐の付け替えをします

着物と長襦袢の飾り紐(つけ紐)は初着の時には高い位置に縫い付けてあります

そこで、紐を外して3僂曚媛爾硫媾蠅頬イつ召靴鬚垢襪斑紊笋垢なります

 

 

  11.jpg

 

 

5、半衿をつけます

女の子のお着物の場合には、長襦袢に半衿をつけます

赤やピンクの地色に刺しゅう入りの半衿が可愛らしくて良いと思います

 

 

  12.jpg

 

 

以上の工程を経て、初着が七五三用の祝い着となります

 

 

三歳の女の子は縫い上げした着物に小さめの帯をすることもありますが、小さなお子さんには負担が大きいので「被布」を羽織ることも良いと思います

 

五歳の男の子は、たとえ初着のサイズがお子様にピッタリという場合でも、「これからもっと大きくなるように」という願いを込めて、ほんの少しでも肩上げ、腰上げはしておきましょう

 

七歳の女の子には初着は小さすぎて着ることは難しいと思われます

四つ身の着物に帯をすることが多いです

四つ身はすでに袖が丸めてありますので、肩と腰の上げと半衿付けをすればよいです。

 

 

  8.jpg 

 

 

ちなみに上の写真は四つ身を三歳の祝い着になおしたものです

袖も長いので、上げをしてあります

この四つ身1枚で三歳も七歳も着ることができます

大は小を兼ねるですね

 

 

 10.jpg

 

 

七五三のお参りの日を迎える前に、お子様にお着物を羽織らせてみて早めにご準備することが大事ですね

 

 

 2.jpg

 

 

弊店でも縫い上げ、袖丸めを承っております。

お気軽にお声掛けくださいね

 

 

 

 

 

| くらし | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iwasyou.jp/trackback/269
トラックバック