CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

<< わらの動物!? | main | お着物の染め直し >>
小学生のかわいい茶摘み娘

今年も新茶の季節がやってきました

静岡や愛知の西尾などでは茶摘みのニュースも入ってきました

そして地元の稲羽東小学校でも恒例の茶摘みが5月9日に開催され、その着付けのお手伝いをさせていただきました

 

 

  6.jpg

 

 

実は、ゴールデンウイーク前にその稲羽東小学校から、衣装追加のご依頼がありました

今年は小学6年生の女児全員に衣装を着せたいというお話でした

昨年準備した6着の他に、地域の方から3着のご寄付があり、9着揃ったそうです

でも6年女児は13人、着ることのできない子が4人だけ出てしまいます

着る子の数より着ない子の数の方が少ないのは可哀そうですし、全員に茶摘み姿の文化に触れる体験をさせたいと注文が入りました

 

 

 1.jpg

 

 

こうして、6年の女児13人が全員、お揃いの茶摘み娘の衣装を着る事ができました

みんなとても嬉しそうだったのが印象的です

 

 

 4.jpg 

 

 

でも今回はお手伝いをしてくださるご父兄がお二人しかいらっしゃらなかったので、もう戦争のような忙しい着付けとなってしましました。細かいチェックもできず、脚絆も付ける時間が無くなってしまったので、やむなく省略することとしました

大勢を着付ける際の課題がいっぱいで、反省するばかりです

この失敗を来年に活かしていきたいと思いました

 

 

  5.jpg

 

 

さて昨年の茶摘み行事は、衣装のおかげもあってか、新聞やテレビなどにも取り上げられ、岐阜県給食会のパンフレットの表紙にも使われたそうです

今年も中日新聞や岐阜新聞のカメラマンが見えましたし、NHKの収録もあり、テレビで見る浅野夏実キャスターを真近に見させていただきました

 

 

 2.jpg 

 

 

こうして伝統的な行事が広く報じられる事が地域の誇りとなり、さらに継続するエネルギーになるような気がしました

衣装のような形は必要か・・・という意見もあるかもしれませんが、この人目を引く発信力もまわりを動かし、地域を元気にする一助となるのではないかと思いました

 

低学年の女児が「私も6年生になったらあの衣装を着たいと思いました」と言った言葉が印象に残っています

 

 

 3.jpg

 

 

昭和16年から今年で78年、本当に長い伝統のある行事だと改めて感じます

児童と保護者、多くの地域の人々の協力のもと、この良き伝統が100年、200年続く事を願っています

 

 

 

| くらし | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iwasyou.jp/trackback/282
トラックバック