CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

<< 小学生のかわいい茶摘み娘 | main | びわ湖バレイ >>
お着物の染め直し

さわやかな五月とは程遠い、暑い毎日が続いています

みなさん体調をくずしてはいらっしゃらないでしょうか?

 

さて今回はお着物の染め直しをされた方のご紹介をいたします

 

お持ちいただいたのは絞りのピンクの無地ぼかしでした

若い頃にお母様に作っていただいたものですが、派手になってきたので色変えをしたいとの事でした

 

 

       1.jpg

 

 

色無地の染め替えはよくありますが、今回は絞りの紋意匠に合わせて絞りが入っていて、まず絞りが無くなってしまうという事をお客様にご了承していただきました

またぼかしも無くなり全体的に同じ色になるという事も説明いたしました

そしてご希望の色が淡い黄緑色でしたので、元のピンク色を抜く(脱色する)ことにいたしました

 

 

      3.jpg

 

 

また、お着物に部分的にシミがありました

色抜きをすることで、そのシミが取れることもありますが、取れない場合には追加でシミ抜きをしなくてはなりません

今回も追加でシミ抜きが発生いたしました

 

さらに茶道で着られるということでしたので、染め抜きの一つ紋を付けて仕立てることにいたしました

それで出来上がったのがこちらのお着物です

 

 

      4.jpg

 

 

元の地紋が効果的に表れた素敵な一枚に生まれ変わりました!

色も落ち着いていて、この先永く着ていただけることでしょう

お客様にも大変喜んでいただけまして、私まで嬉しくなってしまいました

 

 

    6.jpg

 

 

ちなみにご希望の染め色が濃い場合は、元の色に重ねて染めることも可能です

たとえば今回の染め替えのご希望がえんじ色や茶色でしたら、ピンクの上に重ねて染めることもできます

そうすれば色抜きの加工賃がかかりません

(ただし、元の色が後の色に影響を与えることもありますので、重ねて染めるかどうかはよく考えてからした方が良いです)

(ご希望の色に確実に染め直すには、色抜きをされることをお勧めいたします)

 

 

 

 

| - | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iwasyou.jp/trackback/283
トラックバック