CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

<< 帯のお直し・・・胴継ぎ加工 | main | 田のヒエ取り >>
半衿付け教室が終わりました!

台風が過ぎ去ったあと急に残暑がやってきました!

 

その暑い中、半衿教室を開催いたしました

 

 

 1.jpg

 

 

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

 

   5.jpg

 

 

今回は、着た時に見える部分のみ丁寧に縫い、それ以外のきもので隠れる部分はザクザクと縫うというやり方を採用して、面倒な半衿付けのストレスを解消するようにいたしました

 

 

 2.jpg

 

 

半衿の縫い目が見えるのは首の後ろの衣紋を抜いた部分のみです

内側の背縫いの左右10僂困帖紛涕あきから衿肩あきまで)くらいを丁寧に細かく縫い、残りの部分はザクザクと大きな針目で縫います

 

 

      2.jpg

 

 

今回は20代の男性も加わり、和気あいあいと針を進めました

 

 

   8.jpg

 

 

針を持つのは、小学校の家庭科以来という彼の縫い方は確かに危うげで、両隣の女性の手ほどきを受けながら縫い進めていきました

男性の場合は女性と違って衣紋を抜かないので、裏も表もザクザク縫ってもかまいません

また男性の衿は、女性のような下に広がるバチ衿ではなく、まっすぐな棒衿なので比較的縫うのは簡単です

 

 

  男 (2).jpg

 

 

このように一人できものを着れる男子は素敵ですね!

今日の体験で、何度も着た際に、たとえ半衿が汚れても洗って付け替えることができます

また一つきもの男子の特技が増えましたね

 

 

  2.jpg

 

 

帯もご自分で絞めてみえました

着物は薄めのジーンズの生地で作られた綿の単衣で、からし色のステッチがポイントのきものです

実はこのきもの、もともとは女性用でした

それを弊店にて男性用にリメイクしたのです

 

お休みの日にはよくきものでお出かけされるそうです

先日も京都に着てお出かけされたとの事です

 

きもの男子やきもの女子が増えるのはうれしいですね

 

 

 男 (3).jpg

 

 

草履も畳表の台に紺色の鼻緒!

きものと色目が合わせてあります

 

 

 9.jpg

 

 

最後に栗餡入りの八つ橋とお茶でティータイム♪

 

次回の講座は10月8日(火)家紋について一緒に学びましょう!

 

 

 

 

| きもの | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iwasyou.jp/trackback/293
トラックバック