CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

<< 十三夜(じゅうさんや) | main | 着物の丸染め >>
首里城火災

10月31日の未明に沖縄の首里城の火災が発生しました

 

大きく火柱があがり、止めることのできない火の勢いで、まさになすすべもないという感じでした

 

「わー、うそでしょ」

 

テレビを見ながら、そんな言葉が口に出てしまいました

 

  7.jpg

                   在りし日の首里城

 

沖縄には甥夫婦がいて、その結婚式も沖縄の首里城の近くで行われましたので、なんとなく親近感がありました

 

実際、首里城にも行き、エイサーの音楽を聴いたり、三線の体験をしたりしたので、あの場所が無くなったのは、信じられない事だし悲しくなりました

 

でも玉城県知事は「必ず復元する」と言ってみえました

 

その言葉を信じ待ちたいと思います

 

さて沖縄の話題から沖縄独特の染織や織物について触れたいと思います

まず代表的な着物と言えば紅型です

情熱的な明るい色彩を使った沖縄の伝統的な染色技法です

振袖にもよく使われます

 

 8.jpg

 

またミンサーも沖縄の代表的な織物です

最大の特徴は、五つと四つの絣に「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く・・・」という想いが込められていることです

帯によく使われます

 

 2.jpg

 

その他に久米島紬や宮古上布、花織、琉球絣、芭蕉布などがあります

 

  5.jpg

 

                              久米島紬

 

 

   6.jpg

 

             芭蕉布

 

 

この機会に沖縄の織物に目を向けていただきたいですね

 

沖縄の皆様の悲しみをお察しします

少しづつ元の首里城の姿に戻ることを祈っています

 

 

 

 

 

 

| こぼれ話 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iwasyou.jp/trackback/295
トラックバック